よくある質問

インプラントの種類には、どのようなものがありますか?

インプラントには2種類あります。
一体型タイプ(1part type:1パートタイプ)と
2つに分かれるタイプ(2 parts type:2パーツタイプ)です。

1part typeの特長は、強い強度を持っていることです。力のかかる奥歯などには、1part typeが適しています。

2parts typeは二つに分かれるために、豊富なバリエーションを持ち合わせています。審美性を重視する前歯に適しています。

どちらのタイプも、治療から2ヵ月で人工の歯を被せて噛めるようになります。

インプラントの種類

インプラントはいつから噛めるようになり、 どのくらい持つのでしょうか?

インプラントで噛めるようになるのは、使用するインプラントの種類や埋入する場所、顎骨の状態、手術の経過によっても異なってきますが、手術後2ヵ月を目安にしています。その2ヵ月の間、基本的には抜歯と同様に普通の食生活をすることができます。

正しいブラッシングと定期検診をしっかり受けることによって、15年以上良好に維持されている患者さんもたくさんいます。正しい手入れがインプラントを長持ちさせることにつながります。

手術から2ヶ月くらいで、冠をかぶせて、噛めるようになります。

1ピースインプラント

治療のとき、入院するのでしょうか?費用はどのくらいかかるのでしょうか?

普通のインプラントの手術では、入院する必要はありません。手術直後は抜歯をした程度の安静が必要です。
費用は、手術代・インプラント代・インプラントに被せる人工歯代の合計です。治療する本数や場所により費用は異なってきます。治療内容と費用については、診察にて、後日具体的な提案書を作成して郵送致しますので、それでお分かりになると思います。

※インプラント治療は健康保険が使えませんが、医療費控除の対象になります。

当院のインプラント治療費についてはこちら

医療費控除についてはこちら

インプラント専門医

インプラント治療は痛いのでしょうか?

インプラントは、歯を抜く場合と同程度の手術が必要です。麻酔をしますから痛みに耐えながら治療を行うことはありません。手術後、麻酔が切れても、抜歯程度の痛みしかありません。そして2ヵ月後には、食べ物をインプラントで噛めるようになります。
歯を抜いてから、3週間後にインプラントを埋入することができます。インプラント埋入による痛みもありません。

抜歯即時インプラント

治療ができる年齢などの制限はあるのでしょうか?

年齢性別の制限はありません。90歳の高齢者がインプラント治療を受けて、自然に噛めるようになった例もあります。患者さんの健康状態や顎の状態によって治療ができない場合があります。また、きちんとブラッシングができない場合や定期検診を受けられない場合も、インプラント治療の不適応となります。

詳しくは、当院にお問い合わせ下さい。

高齢者のインプラント

安全なインプラントはこちら

インプラント治療 | 森歯科医院 金沢インプラントセンター

歯科医の方へ サテライトシステム
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • オンライン予約