歯科医の方へ

当院では、「AQBインプラント金沢サテライト」として、先生方と共有する最先端の業態のインプラント治療をしています。私どもは、多くの先生方にAQBインプラントの良さを知っていただいて、患者さんに安心、快適な食生活を送れるように、インプラントの普及に努めています。

インプラント治療は1999年3月から始め、18年目に入っています。

当院のインプラント治療実績をご覧ください

<サテライトシステムの説明>

先生のところに通院している患者さんで、インプラントを希望される方へ、当方でインプラントを植立し、上部構造の補綴冠は貴院にて作成装着するという医院診療連携システムです。

信頼性は十分にありますのでご安心ください。現在のところ、このプランの適用は骨のある臼歯部に限定しています。当方への通院は1回です。ですから、遠方の方も、かかりつけの方も気楽にインプラント治療を受けられます。現在まで19~90才の方にインプラントを植立しています。

*患者さんへのインプラントの説明について*

一般の自費をすすめる場合と同じく、診療室で、医院診療連携による手術の紹介と補綴は先生の所で作製することを説明し了解を得て下さい。

*インプラント治療の決定後について*

インプラント治療を受けると決まりましたら、当方「AQBインプラント金沢サテライト」に患者さんに来ていただいて、インプラントを植立します。(当方への通院は左右にわけ、片顎ごとに1日です。)そして、翌日から貴院にて、経過をみていただきます。通常、翌日、1週間後、2週間後です。

術後経過は腫れもなく極めて良好ですが、心配であれば逐次電話アドバイスさせていただきます。(補綴可能になるまで当院で経過をみていくサテライトBプランもあります。)  後は、植立2ケ月後に貴院でレントゲン(標準デンタル)を撮ります。そして、骨植堅固を確認し、必要ならば形成し、天然歯同様に、BT、印象をとります。そして、次回来院時、冠の装着(セメント合着)で完了です。インプラントにアバットを装着する必要はありません。

AQBインプラント(1パートタイプ)自体、上部が支台の形をしています。したがって、補綴冠の印象、装着の手間と診療時間は、ふつうの保険冠とまったくかわりません。また、技工所では、天然歯の一般の自費冠と同じように取り扱っていただけます。

<メンテナンスについて>

メンテナンスは、貴院にてしていただきます。
ただし、補綴冠装着後1ケ月以内に一度だけ当方に診察にきていただきます。

<金沢サテライトのお約束>

このシステムは先生と患者さんと私との信頼関係の上に成り立つものです。私どもは次のことを固く守ります。患者さんの情報は、秘密を守り、指示されたインプラント治療以外には使用致しません。また、予定されたインプラント治療以外の診療行為(保険診療、その他の自費診療など)は致しません。それらの治療が必要になった場合は、必ず先生のところへいっていただきます。金沢サテライトはあくまで、人工歯根を植立する事を治療対象としています。

<AQBインプラントについて>

インプラントは単独植立が基本です。補綴はBrを除いては、単冠として作製します。
骨は縦に8mm以上(上顎臼歯部は3mm以上)、幅4mm以上あれば植立可能です。
植立の2ケ月後に補綴可能です。(独自のHAで特許を取っています。)
術後の腫れ、疼痛、出血は、ほとんどありません。
術後の内服薬、含嗽剤は当方で処方いたします。

<AQBインプラントの保証について>

当院では、サテライトシステムで植立したインプラント体の10年保証をしています。(インプラント体の上に被る冠は含みません) 

ただし、その間に、不測の外傷によるインプラント体の破折、脱落や、重篤な疾患、例えば、糖尿病のプアコントロール、腎臓病の進行、肝臓病の悪化、各種の癌の進行、免疫疾患、がある場合、または脳梗塞、脳内出血などによって、自身による歯磨きができなくなった場合は保証の対象外となります。

TEL(076-268-3948)・FAX(076-268-3948)・E-mailでご連絡いただければ、サテライトシステムについての詳しい資料をお送り致します。また、ご希望にて、患者様用リーフレットを10冊お送りいたします。

当院はアドバンス社より承認を得て、AQBロゴを使用しています。

インプラントサテライトシステム導入
森 歯科医院
日本先進インプラント医療学会認定
インプラント専門医 評議員 森 猛

インプラント治療 | 森歯科医院 金沢インプラントセンター

歯科医の方へ サテライトシステム
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • オンライン予約