義歯治療

1.保険の義歯

当院では、通院4回で義歯を装着します。申し出があれば、応急的に通院2回でつくることもできます。装着後は1ケ月ほど、なじんでくるための時間が必要です。通常は就寝時は、はずしておきます。

2.金属床義歯

外から見えない部分は薄くて、丈夫なニッケルコバルト合金を使用します。保険の義歯との違いは次のとおりです。

・義歯の土台の部分が金属のため、薄く(0.3mm~)軽いです。

・温冷の食感が自然です。土台が金属だから、熱いものは熱い、冷たいものは冷たいというように、すぐに粘膜に伝わります。

・土台が薄いため、お口の中が広く、違和感が少なく感じられます。

・土台が金属だから、汚れが付着しにくく、細菌の繁殖もすくなく、そのため、口臭が出にくく、清潔です。

・金属床だから破損しにくく、咬む時にたわみがないので、義歯ののっている下の骨が痩せにくい事から、かみ合わせが安定し、メンテナンスしていけば、15年以上の長きに渡って使用できます。

・将来他の歯が抜けても、金属床義歯に歯をたして修理ができ、長く快適に使用できます。


3.磁性アタッチメントの利用

現在使用中の義歯であっても修理して磁性アタッチメントを利用できます。
残っている自分の歯の根に磁性装置をつけます。義歯には高性能磁石を埋め込み、お互いに引き合う磁力によってガタつきのないピッタリとフィットした義歯となります。
特徴はつぎのとおりです。

・見た目がきれい。(針金状のバネがないのでスッキリ自然にみえます。

・動かない、はずれないから、食事も会話も快適です。

・装着、取りはずしも簡単です。(強力な磁石によって義歯を近づけるだけで、所定の位置に吸い付くように、装着できます。)

・お手入れ簡単、手間いらずです。(凹凸が少ないシンプル構造なので食べカスがつまりにくく、清掃も容易です。)

詳しくはこちらをご覧ください。

4.磁性アタッチメントの入ったインプラントの利用

歯が失われて、歯根が利用できない場合、かわりにインプラント(人工の根だけの部分)を埋めて、2ケ月後に上に磁性装置をつけ、義歯には高性能磁石を埋め込み、磁力によってガタつきのないピッタリとフィットした義歯となります。

詳しくはこちらをご覧ください。

5.ワンパートインプラントの利用

下顎の義歯を使用している方に適用となります。
AQBインプラント(アドバンス社)の純チタン製で、支台(歯肉の上の部分)、歯根(骨の中の部分)の一体型を使用し、2ケ月で治療が完了します。義歯がインプラント体の上にかぶさることによって、義歯が安定いたします。

6.ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

片側2本まで、または両側2本ずつまでの歯の欠損の部分義歯に適用されます。
金属クラスプ(歯にかける針金)がなく、見た目がきれいです。うすく軽く舌ざわりがいいのが特徴です。

7.ホワイトクラスプ

ホワイトクラスプ

部分義歯を使用の方に適用されます。金属クラスプ(歯にかける針金)を、目立たない白い色のクラスプにするものです。

金沢市 森 歯科医院

インプラント治療 | 森歯科医院 金沢インプラントセンター

歯科医の方へ サテライトシステム
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • オンライン予約