患者様へのメッセージ

歯とかみ合わせの安定がいかに大切かを説明しましょう。

花お口の中には、28本の歯がありますが、歯を1本でも失ったまま放置しておくと、ゆっくりかみ合わせが壊れていきます。もっとも多いのは、一番奥の歯を抜いて、そのまま放置すること。次に多いのは、6番目の歯(第一大臼歯、6才臼歯)を抜いてしばらく放置してから、ブリッジを入れるというもの。

一番奥の歯を抜いてそのまま放置した場合、年単位でゆっくり、抜いた側のかみ合わせが狂ってきます。例えば、右上の一番奥の歯が失われたとします。(通常、保険診療では満足できる治療方法がないので、そのまま放置するケースが多いのです。)

すると、右下の一番奥の歯が少しづつ上にのびてきます。極端な方は上の歯肉にあたるぐらいにのびます。つづいて、右のかみ合わせがゆっくり低くなってきます。つまり、右が咬みにくくなってきて、無意識に右を強く咬むようになり、歯が沈み込み、下顎の骨が上に曲がり、左にくらべ右側が上顎との距離が短くなっていきます。すると、右の歯を連ねたラインが奥にいくほど上にあがっていきます。つまり、咬むと右にずれやすいかみ合わせになっていきます。

やがて長い年月の間に下顎は右にずれまがった状態になり、顔貌が鼻より下が右まがりになります。そして食べ物が咬みにくくなります。また、右の顎関節が圧縮され、変形してきます。関節としての機能が障害され、顎関節症という病気を引き起こす場合もあります。

次に、6番目の歯(第一大臼歯、6才臼歯)を抜いてしばらく放置してから、ブリッジを入れた場合を説明しましょう。例えば、右下の6番目の歯(第一大臼歯、6才臼歯)が失われたとします。

ハート

そのまま放置していると、7番目の歯が手前に倒れてきます。(この時点ですでに右側がかみ合わせが低くなっています。)また、上の6番目の歯が下にのびてきます。その状態で、下顎の7番目の歯と5番目の歯をけずって、765の一体となったブリッジを入れるとします。すると、右の歯を連ねたラインが直線またはゆるやかなカーブのラインから、6番部位で強くカーブするいびつなラインになります。これが、その後の決定的なかみ合わせの崩壊につながっていきます。

やがて数年で上の6番目の歯がぐらぐらしてきて痛くなるか、物がはさまるようになり、虫歯ができやくすなります。(顎の関節が障害をうけて、顎が痛くなる場合もあります。)やがて、上の6番目の歯がぐらぐらで保存できなくなり、抜くことになります。抜いたあと、またそのまま放置しておくと、上の7番目の歯が手前に傾いてきます。そしてますます、右側のかみ合わせが低くなっていくのです。やがて、右上の5番目の歯がぐらぐらとしてきて沈み込んでいき、7番目の歯はさらに傾いていきます。あとは先にのべたものとおなじ経過をたどります。

花2いずれにしても、上記2例のように骨格系に歪みやねじれがでてきますと、一定以上の歪みで、神経が圧迫され、頭痛、肩凝り、腰痛、咬合痛、視力障害、耳鳴り、手のしびれなどがあらわれます。そして毎日のつらい生活が始まります。内科や整形外科へ受診してもなにも見つかりません。やがて医者不信になって精神的な病気になる方もいます。

また、28本の歯がそろっていなかったり、かみ合わせが狂ってくると、咬む能率が落ちてきます。つまり丸飲みの生活が始まります。そのままで長い年数がたちますと、胃腸に負担がかかり、胃炎、胃潰瘍、胃ガン、十二指腸潰瘍、大腸ガンなど、胃や腸に病気があらわれることになります。

さらに、あまり咬まなくなるので、徐々に頬の筋肉(咬筋)が衰えていきます。(咬筋は第二の心臓といわれており、咬むたびに脳へどんどん血液を送ります。)  この機能が低下していきますので、脳細胞への酸素や栄養がいきにくくなり、ゆっくり脳が衰えていきます。それは、意欲や記憶力、判断力をうばっていき、長きにわたりますと、痴呆につながっていきます。

歯が1本失われただけで、かみ合わせの崩壊がおこり、以上のような、こわい弊害がおこってきます。まして、2本3本と失われるとその歪みと弊害が大きくなるのは想像できるでしょう。そしてそれは全身の病気を誘発するのです。歯は28本そろっていることが、いかに大切かお分かりいただけたでしょうか。

歯が揃っている人は、健康でボケ知らず

ボケしらず2000年から始まった介護保険は、2006年4月から一部が改正され、要介護1までの段階で、なんとか認知症や運動機能障害の進行をくいとめようと、強力に介護予防の考え方が取り入れられるようになりました。その結果、今までの介護保険では診査79項目に歯科項目が全くなかったのですが、今回、お口の中の診査が大幅に導入される事になりました。これは、歯科大学の老人歯科調査の結果で、お口の中が健康であるという事がもっとも大事ということが分かったのです。
例えば、ひとつの調査の結果ですが、「むせることの頻度」は、高齢な健康な人と介護支援者、要介護認定1の人は20%で、要介護認定2,3,4,5の人は43%以上あり、要介護1までの人と要介護2以上の人の間では、むせる、むせない、に大きな開きがあったのです。

また、むせる人を、高齢な健康な人、介護支援者、要介護認定1,2,3,4,5すべてで調べてみたところ、むせる人の口腔内環境は、歯が多く失われていて、義歯を使用していないとか、合わない義歯をいれているとか、歯に歯石やプラークが大量についているとか、とても劣悪だったのです。

つまり、健康者や介護予備軍の段階でも、「体は健康でも口の中は寝たきり」だったのです。そして、逆に、人工の歯でも、歯がちゃんとそろっていて不自由なく何でも咬めている老人、歯がすべてそろっている老人はボケもなく元気であることがわかったのです。

かみ合わせの歯がすべてそろっていることが、ボケを防止し健康な老人でいられること、最も体の健康に大切だということがわかったのです。

国はこの事に気付き、2006年から介護予防重視型政策に力をいれだしました。それで、「健康を維持するには歯はとても大切なもの」という意識をもってもらい、歯が失われないようにするために、一般の社会保険や国民健康保険の制度でも、フッ素洗口やフッ素塗布、歯石除去とPMTC(歯科医院で歯をみがいてもらう事)などの予防歯科が大幅に取り入れられました。

体の健康を維持するためには、天然の歯でも人工の歯でも、28本すべての歯がそろっている事がとても大切な事なのです。

歯と歯磨きは体の健康を守ります

歯と歯磨きの大切さをお知らせします。

食べ物を細かく噛み砕くことによって、消化吸収しやすくし、免疫力をアップします。

胃や腸への負担を少なくします。逆にいえば、歯を失うと、噛み砕く効率が落ち、皆と同じ食事時間では、細かく砕くことができず、丸のみの生活がはじまります。
それによって、胃や腸への負担が大きくなり、長い期間の間に、胃や腸がへたり、胃炎、胃潰瘍、胃がん、腸炎、大腸がんを誘発します。

咬むことによる、味わい、食感、香り、を楽しめ、精神的な食生活の安定、情緒を豊かにします。逆にいえば、歯を失うと、毎日の生活に豊かさがなくなり、満足できません。精神的に耐える力も薄れ、ストレスのある生活がつづく事になります。

咬むことができると、咬筋が発達し、これは、第二の心臓といわれており、脳へ血液を充分に送ることができます。逆にいえば、咬む歯が充分、ないと、あまり咬まなくなり、咬む筋肉がおとろえ、脳細胞に栄養や酸素が充分いかなくなり、早く、ボケや、機能低下がおこってきます。
実際、歯の喪失があればあるほど、アルツハイマー病になることがわかっています。

歯がひとつでも失われたまま放置していると、かみ合わせが壊れてきます。それは、顎の位置も狂わせることになり、顔が変形し、嚥下機能にも影響し、顎関節に障害がでやすくなり、頭痛、肩こり、などの不快な症状を誘発し、むせる、嚥下障害、目、耳にも影響するようになります。

歯が失われたままの生活は、発音、表情筋にも影響し、精神的に追い込まれるようになります。

朝晩の2回の歯磨きを毎日すると、口腔ガン、頭頸部ガン、食道ガンになるリスクを減らします。
(2回以上磨く人は1回の人に比べ、がんになる危険性が約29%低く、全く磨かない人の危険性は2回以上磨く人の2・5倍)
愛知県がんセンター研究所(名古屋市)発表。平成21年9月28日
以上のことから、歯を大切にしましょう。

どうしたらいいのでしょう

歯の失われる原因は、むしばと、歯周病です。どちらも細菌感染症です。

お口の中から、両方の原因菌を減らせば、歯を失うことはありません。いたってシンプルです。

歯みがきお口の中から菌を減らしましょう。

・毎日の正確な歯みがき
・定期的な歯医者さんでの歯石除去、PMTC(歯を磨いてもらうこと)
・糖分摂取の少ない毎日の食生活
・歯を大切にする意識

以上、歯を守ることが、かみ合わせの安定につながり、体の健康を保つことにつながります。

歯がいかに大切なものか、お分かりになりましたか?

予防と口腔ケアの実践
インプラントサテライトシステム導入
森 歯科医院

インプラント治療 | 森歯科医院 金沢インプラントセンター

歯科医の方へ サテライトシステム
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • オンライン予約