ミニインプラントについて

総義歯 またはそれに近い 広範囲の義歯をお使いの方への朗報です。
平成26年1月に新発売されましたミニインプラントをご案内いたします。

ミニインプラント

ミニインプラント
ミニインプラントは、骨の量が少ない部位でも植立が可能な細いインプラントです。このインプラントを血管や神経の少ない安全な領域に2~4本植立して入れ歯を固定します。使用するインプラントの本数が少ないので、手術も小規模で済み治療費も抑えることができます。

ミニインプラント

いくら精密な入れ歯でも、原理としては、やわらかい歯ぐきの上に馬の鞍のように乗っているだけです。この状態が続くと顎の骨が徐々に吸収して、入れ歯が不安定になってきます。

ミニインプラントと磁石を応用した入れ歯の固定は、入れ歯を安定させるとともに歯ぐきへの負担を軽減し、顎の骨の吸収なども抑えます。
食事が楽しくなり、快適で健康的な生活が送れます。

インプラントと入れ歯の構造

   ミニインプラント

インプラント治療の流れ

ステップ①:診査、診断
全身の状態やインプラント植立部位の骨形態、血管や神経の有無などを診査して、インプラント治療に適しているか否かを診断します。問題がなければ治療計画、治療方針をご説明いたします。
↓
ステップ②:インプラント植立手術
治療計画に基づきインプラントを植立します。
↓
ステップ③:インプラントの治癒期間
植立したインプラントが周囲骨としっかり結合して安定するまで3ヶ月待ちます。
治癒期間中は既存の入れ歯を調整した上で使用していただきます。
↓
ステップ④:インプラント用義歯の装着
植立したインプラントが周囲骨としっかり結合して安定したら、インプラント固定用の義歯を製作して装着します。
↓
メンテナンス
お口の状態に変化や問題がないかをチェックするため、定期検診を継続して行います。

インプラントサテライトシステム導入
森 歯科医院
日本先進インプラント医療学会認定
インプラント専門医 森 猛

インプラント治療 | 森歯科医院 金沢インプラントセンター

歯科医の方へ サテライトシステム
  • 無料メール相談・お問い合わせ
  • オンライン予約